暮らしを豊かにする「ガレージデッキ」という選択

空中のデッドスペースを活かす方法

住まいのデッドスペースとして、もっとも大きいながらも見落としがちな場所をご存じでしょうか? それは、駐車スペースの上の空間。今、この空間を活かす方法として注目されているのが「ガレージデッキ」です。

リビングから続く広々ウッドデッキとして使えるガレージデッキでは、ガーデニングをするもよし、バーベキューをするもよし。ぽっかり空いたデッドスペースが、暮らしのスパイスや豊かさを育む空間に様変わりします。

ガレージデッキに見つける、家族それぞれの幸せ。

たとえばあるご家庭のある休日。
仲の良い友人を招いてのBBQパーティーの日――

奥さまはチキンの香草焼きの下ごしらえに、ローズマリーとタイムを摘みに太陽の光が気持ちいいガレージデッキのガーデニングスペースへ。
他にもバジルやトウガラシ、コリアンダーなど、料理のアクセントを揃えたガーデニングスペースは、家の中でも一番のお気に入り。

一方、買い出しから帰宅した旦那さまは、ガレージに車を駐めて、
さっそくガレージデッキで一足お先のお疲れビール。
夕焼けを見ながらのんびりと飲むビールは、一週間の疲れを忘れさせてくれます。

「最高」の二文字が似合う、豊かなひと時を。

――そして日が落ち、友人が集まったら、パーティーのはじまり。
心地よい風が吹くなかでのバーベキューは、まさに「最高」の気分。
互いの趣味を語り合い、昔話に花を咲かせ……。
大人の特権ともいえる、豊かな時間が過ぎていきます。

こんな、ガレージデッキのある生活――「自分の家でもできたらな」と思いませんか?

オリジナルのガレージデッキをつくります

オリジナルのガレージデッキをつくります

「アット!こどもの国」では、お客さまのご要望に合わせたガレージデッキづくりを行っています。下は駐車場、上はウッドデッキとして使えるガレージデッキは、土地の活用法としても有効なスタイル。特に神奈川・横浜地域は傾斜地に建つ家が多いため、傾斜と駐車スペースをうまく活かしたガレージデッキが人気です。

リビングから続く「アウトドアリビング」として設計したり、ガーデニングスペースをつくったり、プライベートな空間を守る目隠しフェンスを取りつけたり……どんなご要望もお聞かせください。スタッフ一同力を合わせて、お客様オリジナルのガレージデッキをおつくりします。

アット!が創るガレージデッキの特長

その1 鉄骨構造で耐震性抜群

ガレージデッキは構造もウッドデッキ部分も木製、というところがほとんどですが、一級建築士事務所である当社では、鉄骨製にも対応可能。木製に比べて非常に優れた耐震性を誇るので、万が一のときにも安心です。

その2 塗装いらず、 シロアリもつかない!簡単メンテナンス

ウッドデッキ部分に使うのは、塗装入らずで30年ももつ木材。お手入れの手間を考えずに、木材ならではの経年変化をお楽しみいただけます。

PICKUP! 鉄骨製のガレージデッキにはこんなメリットが

鉄骨製のガレージデッキの場合、柱の本数が少なくても高い耐震性を保てるため、木製に比べて設計の自由度がグッと増すのが特長です。

  • 柱を少なく設計できるため車を出し入れしやすい
  • 柱の位置の幅が広がりデザイン性を高められる
  • 木製では難しい立地でも建設できる場合がある

など、たくさんのメリットがある鉄骨製のガレージデッキ。もし立地条件などが原因で他社さんにガレージデッキが設置できないと言われた方も、ぜひご相談ください。

その3 水栓やキッチンも取りつけ可能

ウッドデッキ上には水栓やキッチンなどの取りつけも可能。愛犬のためのシャワースペースや、屋外ランチ・バーベキューのための簡易キッチンなど、思いどおりのスペースができ上がります。

ガレージデッキができるまで

お客様とお打ち合わせ後、完成したベストプラン・・・。
どのような手順で?何日くらいで出来上がるのかご説明いたします。

STEP 1

○月1日

店長・大工・鉄骨屋さんで現場調査。
その後、鉄骨の作成にかかります。
鉄骨の完成まで約2週間

STEP 2

○月12日

鉄骨の柱を立てる場所に穴を掘り、コンクリートで基礎を作ります。

STEP 3

○月19日

鉄骨組み立て。
トラックで鉄骨を運び、約1日で組み立て完了!

STEP 4

○月21日~

いよいよ大工さん登場!
ウッドの床かから仕上げていきます。

STEP 5

翌月5日

完成!
最後はキレイにお掃除します!

ここが気になる!~お客さまによくいただくご質問~

屋根はつけられるの?

はい、もちろんです。パーゴラという藤棚のような屋根を取りつけることができ、その上に波板を貼ることで雨を防げます。普段は開放的なほうがお好みの方のなかには、必要なときだけタープを張るという方もいらっしゃいますよ。

鉄骨製だと木製に比べて重いイメージがあるんですが……

鉄骨製といっても、上に乗るウッドデッキは木製ですし、柱にも木やレンガなどの意匠を施すことで、鉄骨ならではの重いイメージをなくすことができますよ。

車に水は落ちない?

はい、大丈夫です。ウッドデッキ部分の下には雨どいのようなものをつけ、水がそのままガレージへと落ちないようになっていますので、ご安心ください。

木からとげが出ることはありませんか?

アット!ではビリアンウッドやイペなど、とげが出にくい木材を使用していますが、木は紫外線の影響で炭化するため、どうしてもとげが出てしまう場合があります。そのため、お引き渡し時にはとげ対策として電気式紙やすりの使用などについてご説明をさせていただいています。電気式紙やすりは誰でも簡単にとげをなくせますので、とてもおすすめです。

隣の家の窓が気になるんだけど……

隣の家の窓やベランダなどが隣接している場合、人の目が気になりますし、お隣さんにも気を遣わせてしまいますよね。ご要望に応じて目隠しをつくることもできますので、遠慮なくお申しつけください。木の板を使えば威圧感がなく、表裏がないのでお隣さんにも悪い印象を与えずに済みますよ。